辻井タカ子のホットニュース  2014年

2009年以前
2010年
2011年
2012年
2013年


トップページに戻る



<結婚60周年、50周年おめでとうございます>
【2014年10月20日】

102日、「ダイヤモンド婚者・金婚者を祝う会」が開催され参加しました。
 ダイヤモンド婚は42組のご夫婦が、金婚は125組のご夫婦がお祝いを受けられました。これに至るまでには様々な困難もあったのではと推察いたしますが、みなさん、とてもイキイキとした明るいお姿で、私も幸せな気持ちになりました。いつまでもご夫婦仲良く、そしてお元気にお過ごしください。

2014年ダイヤモンド、金婚者祝う会



<新日鉄住金名古屋製鉄所所長が更迭!>
【2014年10月8日】

 とうとう15名の負傷者を出した爆発事故が発生しました。所長が変わって解決できるのか疑問です。燃えやすく加工してある石炭が3日間も保管してあること事態「ありえない」こと。火が付きやすい事は現場の労働者なら知っているはず!と言われています。
 早急に必要なのは、老朽施設、従業員の削減・技術の継承不足などあらゆる面からの検討が求められています。根本は生産優先から安全最優先への転換です。人心交替で幕引きは許されません。

<日本共産党 社会的責任果たせと奮闘!>
 9月3日の新日鉄住金の爆発事故は、議会開催中に発生しましたが、関係機関への要請などを議会の合間を縫って行いました。
 10日は、愛知県と愛知労働局に原因究明と再発防止策の指導を申し入れに、もとむら伸子参院愛知候補、山口名古屋市議、共産党新日鉄住金名古屋製鉄委員会、坂ゆかり東海市議、私とで行きました(赤旗記事掲載)。

 16日には、新日鉄住金名古屋製鉄所所長に抜本的再発防止策及び市民への謝罪と説明などの申し入れ文書を手渡しに、もとむら伸子氏、黒川知多市議、坂ゆかり東海市議、私とで行きました。
 9月28日付赤旗日曜版は、一面をとって新日鉄住金の「安全よりトヨタ優先」の姿勢を厳しく批判した記事を掲載しました。話題になっています。ぜひお読みください。
 新日鉄住金に社会的責任をしっかり果たさせましょう!
9月16日 新日鉄住金に申し入れ

9月14日付のしんぶん赤腹の記事

14 9新日鐵事故爆発申し入れ書 PDF



<新日鐵住金(株)とうとう爆発事故!15人が負傷!>
【2014年9月5日】

 9月3日は私の一般質問の日でした。質問前の休憩時間に傍聴者の方から「5回目、5回目、爆発」という声が聞こえ、爆発があった事を教えて頂き、本当に驚きました。
 今年1月から続いていた停電による黒煙噴出事故は4回、そしてコンベアー火災事故があり、とうとう今日、15人もの重軽症者を出す爆発が起こり、大事故は6回目となります。
 東海市議団(坂・辻井)は、佐々木憲章衆院議員、井上さとし参議院議員と本村伸子参院愛知選挙区候補らとともに、東海市当局・消防・県環境大気課、中部産業経済局など関係機関と懇談し、抜本的な再発防止策を強く要請してきました。連続する事故は、一つ違えば大惨事にもなり兼ねない事態だと関係機関に働きかけてきただけに、今回、大事故が発生したことは残念でなりません。
 今度こそ、効率やコスト優先から安全第一の企業体質に転換すべきです。そして地域住民の不安・不信を取り除いてもらいたいと心底思います。
しんぶん赤旗記事
9月4日のしんぶん赤旗一面記事




<新日鐵住金、4度目の「黒煙噴出事故」!>
日本共産党議員団、市に再度申し入れ
【2014年8月1日】

 辻井タカ子、坂ゆかり両議員は、新日鐵住金の4度目の「黒煙噴出事故」について、鈴木東海市長に以下の内容の申し入れを行いました。


PDFでご覧になるにはここをクリック

鈴木市長に申し入れをする辻井タカ子、坂ゆかり両議院(写真は近藤副市長)



<共産党国会議員が東海市と県に聞き取り調査>
〜新日鐵住金黒煙発生事故〜
【2014年6月30日】

 22日の新日鐵住金名古屋製鉄所の黒煙噴出事故を受け、急きょ25日、佐々木憲昭衆院議員、井上さとし参院議員、もとむら伸子参議院選挙区候補は、東海市に聞き取り調査に入りました。坂ゆかり東海市議、私も同行しました。
 新日鐵の事故は今年に入り4回目です。このまま放置すれば、また大事故が起きかねません。構内で働く労働者や地域住民の命と健康を守ることを第一に、新日鐵住金、愛知県、東海市は対応すべきです。
 この調査は、25日に大村知事が記者会見で新日鐵住金を批判し、本社から説明を受けたいと表明。東海市も原因究明と抜本的な解決を製鉄所に口頭で要請(27日付中日新聞)など動きをつくり出しています
 詳細は、このホームページの読者ニュース、後援会ニュースをご覧ください。

新日鐵住金黒煙事故 聞き取り調査



<また、新日鐵住金事故!>
〜燃焼放散による黒煙発生事故〜
【2014年6月23日】
 私は、15時30分ごろ、自宅付近で知人と立ち話をしていると西空に黒煙が立ちこめているのを見てビックリ、その場から写真を撮って現場に駆けつけました。
 横須賀インター付近に行くと、車を止めて心配そうに工場を見ている人や写真を撮っている人でいっぱいでした。停電によるトラブルは今年に入って3回目です。4月14日に市の「申し入れ」に対する回答が提出されたばかりです。操業再開が優先され徹底した設備の修繕などが後回しになっています。これでは、何度も同じ事が繰り返されることになりかねません。異常事態です。

14時57分 新日鐵住金より消防に通報が入り、出動
 15時02分 市側に新日鐵住金より「停電が発生、コークス炉で燃焼放散させたので黒煙が発生している」との連絡入る
 16時10分 生活環境課が有毒ガスの測定調査を実施・・有毒ガス検出なし

2014年6月22日新日鐵住金からの火柱と黒煙 2014年6月22日新日鐵住金からの火柱と黒煙
2014年6月22日新日鐵住金名古屋製鉄所から火柱と黒煙 2014年6月22日新日鐵住金名古屋製鉄所の火柱と黒煙




<集団的自衛権の行使容認に反対しよう!>
〜太田川駅前でリレートーク〜
【2014年6月16日】
 政府は集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を国会の会期内にと狙っています。
 6月13日、
急きょ、「解釈で9条壊すな!東海市連絡会」は、太田川駅前で、行使容認に反対するリレートークを行いました。団体や個人から20人超の参加があり、歌を歌ったり、手作りの横断幕などでアピールしました。「集団的自衛権とは?」の説明を入れたティッシュ500個はなくなり、シール投票、署名の呼び掛けにも多くの協力がありました。
 あなたは、戦場に行きますか?戦場で人を殺せますか?子どもが戦場で殺されてもいいですか?戦場に派兵されれば「殺し、殺される」戦争の泥沼に引きずり込まれる・・・これが真相です。私は絶対に反対です。

 下は当日の写真です。
緊急のリレートーク緊急のリレートーク
緊急のリレートーク緊急のリレートーク
緊急のリレートーク





<またまたベルトコンベア火災事故>
=新日鐵住金名古屋製鉄所=
【2014年5月12日】
         発生時の情報提供されず!

 8日(木)午前0時15分頃、新日鉄住金名古屋から出火。ベルトコンベア3基を焼きました。
 市消防本部は、午前1時に通報を受け消防車13台、消防職員40名が出動し、午前3時36分に鎮火しました。しかし、今回も市には「事故発生時の情報提供」はなく、報告があったのは鎮火後の5時20分です。
 同製鉄所は、石炭ヤードから石炭配合槽へ石炭を運搬する搬送コンベアから出火したもので、市民への影響がないと判断し、事故4時間以上たった後に生活環境課に報告するという有様です。
 これは今年1月、2度の火災事故を起こし、4月14日に東海市に再発防止策などの回答を文書で提出しており、この中には、「市に対する迅速な情報提供」も盛り込まれましたが、この回答にも反するもので許されません。
 同製鉄所は市の申し入れに対する真摯な対応と企業の社会的責任の重さを自覚するべきです。



<5期目の当選>
【2014年4月3日】
 3月30日投開票の東海市議選は、現職の私辻井タカ子と、安井ひろ子市議の後継の坂ゆかりさんが初当選し、2議席を確保しました。
 選挙戦は定数2減のなか、3人はみ出しの少数激戦となりました。

 両候補は、豊かな財源を大型開発から暮らし優先の市政への転換、鉄鋼大企業に事故・公害防止の社会的責任を果たさせることなどの公約を訴えました。さらに、消費税8%中止、憲法9条と平和を守る日本共産党の役割を訴えました。




<出発式のご案内>
【2014年3月20日】




<みなさんと元気よく宣伝>
【2014年2月12日】
宣伝
宣伝




<事務所開き行ないました>
【2014年2月12日】
雪の日の事務所開き
スローガンもお披露目




もとむら伸子の「イマでしょ!日本共産党」に出演
=東海市政などを語ってきました
【2014年2月12日】
http://www.youtube.com/watch?v=GDQJ3lgvY5s&list=UUhhgePG43MpAyPUKgJbmA8g


 もとむら伸子の「イマでしょ!日本共産党」に坂ゆかり予定候補と一緒に出演してきました。
 市民の暮らし、命を守るために全力で頑張ってきたこと、そして東海市議選への思いを語ってきました。
 写真の上のところをクリックしてください。動画が流れてきます。



<東海市長が新日鐵住金に申し入れ>
鈴木東海市長が新日鐵住金に
事故の防止策など回答を求めて申し入れ
【2014年1月27日】
 27日、鈴木東海市長は新日鐵住金名古屋製鉄所の酒本所長に対し、2項目の申し入れをしました。

1.今回の事故の徹底した原因究明及び防止策を講じるとともに、その内容を早急に市に報告すること

2.地域住民の安全確保を最優先とする認識のもと、市民などへの影響が懸念される事態が発生するおそれがが生じた場合、又は発生した場合は、直ちに必要な措置を講じるとともに、市に速やかな情報提供を必ず行なうこと
 なお、市に対する情報提供窓口及び責任者を改めて明確にすること

 20日の日本共産党議員団の「申し入れ」に基づいた内容で「申し入れ」がされました。
 中日新聞は25日、「申し入れ」を抜本的な解決策を回答として求める異例の内容と報道しました。
 鈴木市長には、大規模事業所としての役割と責任を追及し、市民生活の安全確保及び不安の解消を最優先との姿勢を貫いてもらいたいと思います。
鈴木市長、新日鐵住金に申し入れ



<半田労基署に要請>
「新日鐵住金に指導を」
【2014年1月24日】
 私は23日に、今月17日、20日に起きた火災・煙噴出と昨年末に発生した構内の死亡事故の問題で半田労基署に原因究明と再発防止への指導を行うよう申し入れに行きました。
 申し入れには本村伸子県常任委員、安井弘子市議、坂ゆかり市議候補、製鉄所労働者などと参加しました。
半田労基署に要請中





<申し入れ>

日本共産党議員団、
鈴木東海市長に
新日鐵住金の火災で申し入れ

【2014年1月21日】
 20日、午前9時ごろ新日鐵住金から大量の黒煙が再び上がりました。第2コークス炉の停電により発生したもので2時間後には煙は止まり、けが人はないようです。
 17日のガスの燃焼は18日午前5時半頃までに煙は収まり、一部工程で生産を再開しています。この日のトラブルは停止していた操業を再開する準備の最中での発生です。
 この日、安井弘子議員と私、坂ゆかり市議予定候補者は鈴木東海市長に、市民の安心・安全と住環境を守るため、徹底した原因調査と再発防止など求めて「新日鐵住金における火災に関する申し入れ」を行いました。
 詳細は、赤旗読者ニュース203の記事
をご覧ください。
鈴木市長へ申し入れ



<新日鉄住金で事故>
=大量黒煙とガスの燃焼による被害が=
【2014年1月19日】
 17日正午頃、ゴーという地響き音が3回ほど聞こえ、西の空には大量の黒煙が立ちこめています。私は、新日鐵住金名古屋製鉄所で大事故が発生しているのではと不安に思い太田橋に駆けつけました。途中、市に通報(12:11)。煙が新日鐵住金から出ていることを確認し、太田川駅3階ホームから状況を観察することにしました。コークス炉当たりの3ヶ所から黒煙が立ち上り、風に流され住宅街に流れています。火柱も上がり、危険な状況です。四日市の爆発事故があったばかりなので心配でしたが、人災はないようです。
 14時半から市役所で「記者会見」が行われ、市の対応状況を説明していました。
 それにしても、新日鐵から14時07分に有毒ガスの発生はないとの連絡では、遅いのではありませんか。市は最悪の事態を想定して住民の避難も視野に体制を考えているのですよ。
 私は、住民の被害が心配で16時頃養父町周辺を車で回ってみました。このあたりは煙が漂いかすんで先が見にくく、鼻を突くような刺激の強い臭いがしていました。住民からは「また事故が起きた、安全対策がおろそかになっているのではないか」と不安の声が寄せられました。
 新日鐵住金は、16時頃の会見で、「事故の原因は、配電設備の更新作業中にショートが起き、火花が散った。原因は調査中で、火は消化器で消し止めた。コークス炉のガスを燃焼させただけで、火災ではない」としています。
 老朽化施設と合理化の影響が相次ぐ事故につながっているのは明らかで抜本的対策が必要です。
新日鉄住金事故
新日鉄住金事故
新日鉄住金事故養父町


<1350人の新成人のみなさんおめでとうございます>
【2014年1月16日】

12日は、東海市の「新成人式」が市体育館で行われました。本人はもとより、ご両親がどんなにお喜びでしょうか。
 晴れ着姿の若者の姿は、はつらつとしてまぶしくもあります。社会の担い手になっていくみなさんに、心からのお祝いと応援の言葉を送ります。
 「歴史を見ても、世界の未来を変えてきたのは若者」です。日本でも、若者達が、原発再稼働を許さない官邸前行動やブラック企業を告発し改善を求めて声をあげて改善させ、先の参議院選挙では日本共産党が3議席から8議席に躍進するなど、新しい政治を求める時代に入っています。
 日本全土に基地があり、米軍が大手をふっているのは日本だけです。秘密保護法の強行採決などの暴走政治と対決し、憲法を活かすたたかいを発展させ、若者の希望と未来をひらく新しい政治を日本共産党とともにたたかい、実現しましょう。
 3月30日は、東海市の市会議員選挙があります。あなたの一票を政治革新のために活かしてください。また、困ったことがあれば、一人で悩まないで相談に来てください、お待ちしています。

2014年成人式

2014年成人式会場前で訴え


<2014年新春のつどい>
【2014年1月13日】
 日本共産党東海市後援会は11日「新春のつどい」を開催しました。今年は東海市会議員選挙が330日投票で行われるとあって、会場はイスを追加するほど熱気あふれる「つどい」となりました。
 安井弘子市議、安井弘子市議からバトンタッチする坂ゆかり予定候補、辻井タカ子市議、本村伸子県常任委員が訴えました。
 日本共産党の2議席は、開発優先のゆがんだ財政運営から「暮らし・福祉第一の市政」に転換させるための大事な議席、坂ゆかり・辻井タカ子予定候補当選に向けガンバローと決意を固めあいました。
 第二部では、「ハーモニカの演奏」「太極拳の実演」「名古屋言葉で憲法を知る」「秘密はひみつ寸劇」が披露され、楽しく元気の出る日となりました。
2014年新春のつどい 2014年新春のつどい
2014年新春のつどい 2014年新春のつどい
2014年新春のつどい 2014年新春のつどい
2014年新春のつどい 2014年新春のつどい