辻井タカ子の

市議4期目の抱負と
これまでの実績


今回の公約
3期目(2006年〜2010年まで)
2期目(2002年〜2006年まで)
1期目(98年から2002年まで)

を載せました

(写真の紹介も載せました。下線の部分をクリックしてください。)


            ごあいさつ

 最近、電話やメールで相ついで相談が寄せられています。その内容は、生活することそのものが大変困難な方からです。
 私は、相談を寄せる方に、「きっと解決できるから」と励まし、「一人で悩まないで、みんなで力を合わせよう」と呼びかけ、解決のために奔走しています。
 議員の使命は、「みんなの力になる」ことだと思い、精一杯頑張ります。
 昨年、安井英樹さんが突然亡くなられ、共産党の議員が私一人になってしまいました。でも「市民の声を一つでも多く議会に届けたい」といつも議会にのぞんでいます。
 子どもの医療費無料化を拡大できたこと、保育園にエアコンを設置できたこと、水道料金を値下げできたこと、国会まで行って雇用促進住宅を守ったこと…、みんなと力を合わせれば政治を動かすことが出来ると思います。
 労働災害や降下ばいじん問題、税金の使い方に対しても「はっきりモノ」を言ってきました。今、リストラや中小業者の廃業・倒産など、市民の暮らしに厳しさと不安が増しています。そんな時だけに、市民の要求や願いなら「絶対にあきらめない」ことを心に誓って、これからも全力をつくします
                       2010年2月


      みなさんと力を合わせて取り組みます

◎子どもの医療費は、通院を含めて中学校卒業まで無料にします。
◎らんらんバスの増車で便利にし、70歳以上は無料にします。
◎労働災害や自然災害、降下ばいじんなどの公害のない、安全・安心なまちづくりをすすめます。
◎75歳以上の高齢者の医療費を無料にします。
◎障がい者福祉を拡充し、安心して暮らせる地域づくりをすすめます。
◎市営住宅を建設し、若者や高齢者・障がい者の住まいを確保します。
◎市民合意のない新病院建設を中止し、既存の病院の活用をはかります。

              3期目の実績
       <住民要求実現に全力でとりくみ、
            みなさんとともに実現した主なものを紹介します>

○子どもの医療費は、中学校卒業まで入院無料化を実現(09年4月)
○雇用促進住宅廃止問題では、国会議員と連携して廃止決定住宅を2014年まで延期。
○全小中学校に扇風機を設置。
○全保育園の保育室にエアコンを設置。
○妊産婦健診14回に拡大。
○高い水道料金の引き下げ
○国民健康保険税は、資産割の廃止で8割の世帯が引き下げに。
○障がい者授産施設あじさいの建設。
○中小零細商工業者への支援(信用保証料への利子補給)
○父子家庭にも児童扶養手当の支給。
消防署南主張所の新築。
○降下ばいじんなど公害問題に、一貫して取り組み改善させてきました。

                   2期目の実績

・ 介護保険の保険料・利用料減免制度の実現
・ 「循環バスをくまなく走らせる会」署名、約7千筆を提出。現在、らんらんバス本格運  行中(100円バスの取り組みのページへ)
・ 空き店舗でのチャレンジショップ事業(下記へ紹介)
・ 養護老人ホーム、特別養護老人ホームの建設。
・ 病後児保育制度の実現。
・ 行政文書から、性別欄の廃止。
・ 小学校入学前までの、医療費無料化請願署名運動に尽力。約6千筆を提出。現在  実現
・ 大池公園・中の池公園の障害者トイレの整備
・ 公害防止のための防塵ネットの実現
・ 前立腺ガン検診の実施。
・ 戦後60年記念事業(下記へ紹介)
・ 知的障害者通所授産施設整備補助の実現。
・ 不妊治療への補助制度実現。

             1期のあゆみ

 1期目は、議会のルールや行政用語にとまどいながら、子ども、高齢者・障害者などの切実な要求を、毎議会質問し、また市民から要望される側溝やデコボコ道などの危険な道路は、担当課が「今度はどこ」と言うほど改善を求めてきました。
2000年の東海豪雨では、腰まで水につかり被害状況を把握し、行政に迅速な対応・支援を求めました。

「障がい者授産施設あじさい」      消防署南出張所新設現場

08年8月国会へ行き政府交渉


チャレンジショップの紹介


戦後60年の記念事業


東海豪雨の状況





トップぺージへ戻る